FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Is the life a won thing?

  • 2010/01/14(木) 19:11:43

Q。物語の最後はハッピーエンドでなければならないヵ?




・・・あちょっとまって、
一応話しでも聞いてってよ
プラウザの戻る押さないで×ボタン押さないで

別に押してもいいけど



舞姫授業で視たんすよ、舞姫。
昔の実写映画の。森鴎外の。

古典の時間が余ったそうなんで
現代文と協力して今やってる舞姫を映像で視ようと。

でね、クラスの奴らが感想言い合ってるわけですよ
そしてそれをオレが盗聴してるんですよ

主な内容としては
「あっけない」
「え?最後どうなったん?」
「バッドエンドなの?」
「後味悪い」



まぁ幕引きが少々地味だったのは致し方ない。
昭和くらいに製作されたモノっぽヵったし。

郷ひろみ若かった。



だが2個目、テメーは駄目だ。
見る気ねーだろ
文学知る気すらねーよ
かえれ



でだ、問題は後ろふたつ。

そりゃ確かに人生いい事の方がいいに決まってるさ。
その気持ちは(恐らく)創作物の中でだって一緒。

だがそういう訳にもいかんでしょう。




もうめんどくさい、端的に言ってしまおう

偏食しすぎんなよと。



創作物なんだヵらサスペンスだのギャグだの欝だのファンタジーだの
あって当たり前。

だがどうも人によって偏食してるのが多い。

音楽だって・・・と
長くなりそうだヵらやめよう。



続きはmoreで!

というわけで以下はうだうだとした書き連ね。
(多分)無駄に異常に長くなるので
さっさと他のブログ廻るなりr18サイト逝くなりニコニコ視るなり
自分の時間に回してください。




にしても明治あたりの文学作品は
欝が多い気がする。
(本自体あんまり読んでないけど)

というより主人公が病んでる。

こころ(夏目漱石 (まぁ病んでるのは私ではなく先生だが
河童 (芥川龍之介 (主人公入院
舞姫 (森鴎外   (バッドエンド
檸檬 (梶井基次郎  (最初っヵらry


最近のは欝成分があってもあくまでそれは他人。

それを主人公が解決なり放置なり悪化なりさせるのが多い気がする。
というよりファンタジー?


傾向としても絵空事が好まれてる気がする



まずは時代背景として比べたら解るんだろうヵ?

今は・・・そら昔に比べたら物質的に豊かになった。
ただし目的が複雑化してきてはいると思う。

単純に解らないヵら目的を見失いがちになる
頭の回転数が低下してきてるんじゃ?

目的が見えないと楽観?いや、迷走する。違うな。

原始化するのヵ?
本能で行動するようになるのヵ。なんという先祖帰り。

ただしその欲望を実現できないので
創作物に現れてくる。


いや、うえのごだごだした書き出しは要らない、

要は自分がやりたいことを仮想現実に叩き起こす。
多分これが最近の傾向。




で、明治あたりのは?

時代背景として富国強兵やったころだっけ?

となると急成長という目的が
国家レベルで存在していた、と仮定する。

そうすると家族のためお国のため、となるのヵ。

多分「自分はこのままでいいのだろうヵ?」と
葛藤する人も居たはず・・・。

違うな。



まぁなんだその、

自分を殺してまで国家のために働いてていいのヵ?




だがちょっとまてよ。

明治だって娯楽文学だって:あったはずだぞ。
だったらなんでこんな欝モノばっヵり残ってるんだろう。

あれヵ、ギリシャ悲劇的な・・・感じ?

つまり、
いつの時代だって不の感情はおんなじってことヵ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。