スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と肉欲を混同してはならぬ

  • 2011/08/25(木) 01:00:09

これは、恋じゃない。
ただのいわゆる萌えなのであって。
それ以上でもそれ以下でもない

よしんばこれが恋だったとして、
もうその子は別の人と楽しそうにしていたし、
それに今のこの状況で俺に話しかける権利はない。

もういいんです。

その子の傍に入れただけで。
その子を眺めることができただけで。
その子の幸せを願えるだけで。




と、余りにも痛いポエムを書いたところで。



なんとなくだが、愛と恋について
少しだけ解った気がする。

恋は外部からの刺激、
愛は内部からの発信(欲情)
ではないかと仮定してみる。


芥川氏の河童の一文~
恋とは、遺伝子的な差別である。
~から引用すると、

確かに見た目によりその個体の
遺伝子を残すべきか否かが判別される。

一方で、
愛とは内側から沸き立つものとしたが、
それは防衛本能が基礎にある、としたが
つまり生存、繁栄において必要としたものを
守るべき本能、こそが愛じゃないんだろうか。

いってみれば、かわいいは正義。




となると、
順番的には、
恋をしてから愛に変わる、ということになるのか?

それともう一つ、
恋はやはり性欲から派生したものになるのか?


・・・後者については
最早確定で構わないだろう。
生殖本能=性欲とすると
必然的に遺伝子差別もイコールになる。



ここで問題なのはその先が存在するかどうか、だ。

例えば多くの虫や魚は
卵を産んでもそのあとは放置がほとんど。
あとは子供の適応力と本能により繁殖できるかどうかを賭ける。

が、鳥類哺乳類の類は子供を産んで(孵して)も
ある程度の期間は面倒を見る。

ここが、いわゆる愛に該当する部分なのではないか。



こうなると
交尾⇒繁殖 ⇒放置
       ⇒育成

と分岐点となるが、
どちらもスタートラインは交尾、
つまり性欲になる。




・・・そもそもここに落胆するのは可笑しいな。
性欲が下品なわけでも愛情が高尚なわけでもない。
誰だ愛は素晴らしく欲情は醜いなんて言ったのは

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。